電聖戦は、日本棋院公認のプロ棋士とコンピュータ囲碁の公式定期戦です。

<趣旨>
 2012年6月に日本棋院と電気通信大学の間で、コンピュータ囲碁と囲碁界の発展に関する覚書が交わされました。本イベントは、その提携を受けて開催されているプロ棋士とコンピュータ囲碁の公式定期戦です。
 コンピュータ囲碁の開発の歴史は1960年代に遡ります。チェスや将棋のようなチェスライクゲームに比べ、合法手(ルール上選べる手)が多いこと、評価関数(局面の優劣を数値化する関数)の設計が難しいことなどから、チェスで用いられてきたゲーム木探索の手法が上手く適用できず、2006年頃まで、非常に長い低迷期が続きました。しかし、2006年に発表された「モンテカルロ木探索」の手法が状況を一変させます。コンピュータ囲碁は、それまでの遅れを取り戻すかのような勢いで進歩を遂げています。近年では、置碁のハンデ戦ながらプロ棋士との対戦も行われるようになっています。
 電聖戦では、毎年日本棋院が推薦するプロ棋士とUEC杯コンピュータ囲碁大会で優秀な成績を収めたプログラムが、日本棋院の協力のもと日本ルールに準ずるレギュレーションのもとで定期戦を行うことで、コンピュータ囲碁の棋力の進歩の過程を可能な限り正確に測るとともに、伝統的な囲碁というゲームの魅力を高め、人間とコンピュータの織りなす新しいコミュニケーション技術の創出に繋がることを祈念しています。

企画・実行:エンターテイメントと認知科学研究ステーション代表 伊藤毅志

主催:電気通信大学エンターテインメントと認知科学研究ステーション
更新情報
2015. 9.12
第4回電聖戦開催日決定。公式ページはこちら
2015.11.10
2016. 3.21
出場プロ棋士決定!プレスリリースはこちら
第4回電聖戦 対戦カード及び、手合割決定。